背中ニキビ保健室!

あなたの「背中美人」を応援します!

若かりし頃に焼けてしまった背中、歳をとった今ではシミに・・ 

遊び仲間との海水浴で、背中に大量のオイルをかけられるイタズラをされる!

現在42歳の主婦です。これは私が20代前半の頃の話です。その頃の私はよくクラブに遊びに行っていて、DJの人達と仲良くなり、プライベートでもよく一緒に遊ぶようになりました。

夏の始まりに、みんなで海に行こうという事になり、男女8人ほどでテントに1泊の予定で海に出掛けました。日焼けを絶対にしたくなかった私は、体全体に日焼け止めを塗りまくり、準備万端で1日目の海を楽しみ、その日は何事もなく無事に過ごしました。

そして次の日、早朝からみんなでワインを飲み始め、酔っぱらった私は前日遊びまくった疲れもあり、イスに座ったままの体制でウトウト、そのうちにすっかり寝入ってしまいました。目を覚ますとなぜか私の体からココナッツの香りが・・・なんと日焼け止めを塗っていた私の体の上に、友達がイタズラで大量のサンオイルをかけていたのです。

そう、塗るというよりかけるといった感じで体中が濡れてヌルヌルしていました。私はすぐに海に入りオイルを流したのですが、その日は午前中から日差しが強く、私の肌はすっかり紫外線を浴びてしまっていたようです。

大丈夫だろうと思ってた背中はどんどん悪化。やけどの症状で泣きたくなる

海から帰宅した後、私は背中がヒリヒリしていましたが、まあ大丈夫だろうとあまり気にもせずに放置していました。しかし、夜になってシャワーを浴びた時に異変が。

なぜか背中に重みを感じて鏡で自分の背中を見てみると、大きな水ぶくれみたいなものがありました。なんと私の背中の皮がはがれて、そこにシャワーの水が溜まっていたのです。

次の日、私は皮膚科を受診しました。すると医師からは「これはもう日焼けというよりやけどですね。」と言われました。薬をもらい帰りましたが、その後も背中が痛くて痛くて、寝ていても痛みで目が覚めてしまう程でした。

痛みは日が経つにつれだんだんと消えていきましたが、私の背中はぼろぼろな状態。やけどのグチュグチュした部分と、皮がむけている部分と、汚くて目も当てられない状態でした。

まだ夏の始まりだというのにその後は海にも行けません。そして夏だというのに露出の多い服も着れず、ファッションを楽しむ事も諦めるしかありませんでした。

当時の背中焼けのダメージが、年をとった今はシミとなって現れてきました(泣)

その頃はまだ若かった為、次の年には背中もキレイに治って復活することが出来ました!しかし年齢を重ねた今、あの頃のダメージがシミとなって背中に浮き出てきて困っている今日この頃です。

シミは皮膚科で消してもらう事もできるそうなので、宝くじでも当たったらシミ消しに行きたいと密かに思っています。

カテゴリー

サイトマップ