背中ニキビ保健室!

あなたの「背中美人」を応援します!

結婚式間近なのに、背中のムダ毛処理で肌荒れ・・ヘアメイクさんのナイスフォローに感謝!

昔から毛深いことがコンプレックス。水着を着る予定があれば、除毛クリームで頑張って処理してました

29歳で現在は専業主婦をしております。私は昔から毛深いことがコンプレックスでした。とくに一番にコンプレックスに感じていたのが背中でした。背中の毛はとくに濃い気がします。

だいたいの箇所はカミソリでムダ毛の処理ができるのですが、背中は自分でしようとすると大変です。見えにくいですし、手が届かない箇所もあります。また広範囲なので時間もかかります。

背中まで完璧に処理しようとすると大変なので基本的に背中は夏場しか処理しません。それも水着を着る予定のある前の日だけです。カミソリだと大変なので、いつも除毛クリームを使っていました。除毛クリームでも多少は毛が残るので、残っていそうな箇所はなんとか頑張ってカミソリで処理していました。

結婚式が決まり、背中の毛を処理してたら・・・背中が大荒れ!結婚式当日まで酷いことに。

24歳の頃、結婚することになりました。ウェディングドレスは肩が出ていたり、背中も開いたものが多いです。季節は冬でしたが、暖かい気候の海外で挙式を予定しておりましたので、やはり少し露出の多いウェディングドレスをすすめられました。

デザインがかわいく私も気にったので、そのドレスにしましたが、背中が半分ぐらい見えるものでした。これは気合いを入れてムダ毛の処理をしなくてはなりません。いつもは水着を着る前日しか処理しませんでしたが、毛の見落としがないよう数週間前から始めました。

脱毛クリームを何度も使用するのはお肌に悪い気がして、普段背中にはあまり使わなかったカミソリを使用したのが間違いだったのかもしれません。数日続けて使用したためか、背中の肩に近い部分がカミソリ負けを起こしてしまいました。

カミソリ処理のあとに、ケアなどもしていなかったからかもしれませんが、小さい赤いぷつぷつがたくさん出来てしまいました。

あまり痛みやかゆみは当初感じなかったのですが、なぜか寝ているとかゆくなってきて、知らないうちに掻いてしまっていたらしく、ひどくなる一方でした。結婚式間近でしたが、毛の処理は諦めました。

ヘアメイクさんが機転をきかせてくれ、ハーフアップの髪型に。ムダ毛処理よりも、スキンケアが大切と実感

そして結婚式当日の朝、彼に背中の状態を打ち明けると「どうしてこんなことに。」と私の肌を心配してくれていました。

ヘアメイクさんにもこんな状態だとお話しすると、髪型は全体アップを予定していましたが、急きょ半分アップにして半分は下ろしておく髪型にして、荒れている部分を隠してくださいました。このお心づかいには本当に感謝です。こうして無事に結婚式も終えることができました。

それからはムダ毛処理よりも、お肌のケアを大切に行いました。いつのまにか荒れていた背中も治っていましたが、もう背中にはカミソリはやめておこうと思いました。お肌の荒れも嫌ですが、痒いのが一番つらかったです。

カテゴリー

サイトマップ