背中ニキビ保健室!

あなたの「背中美人」を応援します!

かゆくて血も出る背中ニキビ・・ニキビ1つ1つに絆創膏を貼ったのも良い思い出・・

背中のぽつぽつニキビがとにかく痒い!引っ搔いて血が出て絆創膏をはるはめに・・

38歳の自由業です。
今は一日のうちほとんどの時間を自宅で仕事していますが、昔企業に勤めていたときに不規則な生活と食生活の乱れからか、酷い背中ニキビができて苦しんでいました。

体質的には汗っかきです。暑いときには一瞬で身体がべた付いてしまい、カラフルな洋服はとてもではありませんが汗染みが気になって着られないほどになります。特に、背中は冬でも関係なく服がべったりと張り付いてしまいますし、なかなか汗を拭いて着替えることもできないため、とても不衛生な状態だと思います。

その上でストレスも重なったためか、気が付いたら肩甲骨の周辺にポツポツとニキビができてしまい、治っては再発するということを何度も繰り返していました。とにかく赤ニキビがかゆいし痛いし汗は沁みるしでとても不快です。

背中がむずむずするので、思わず手を伸ばして掻いてしまうことも多かったのですが、ある日白いシャツを着ている上から爪で引っかいてしまって、職場の同僚から背中から血が出ているよ、と指摘されてとても恥ずかしい思いをしてしまったことがあります。

当然着替えなんて持っていませんから、トイレでシャツを脱いで血を落とし、ニキビに絆創膏を貼って濡れたシャツをそのまままた着るという、なんとも情けない思いをしてしまいました。二度とこんな思いはしないと、毎朝着替える前に背中のニキビ全てに絆創膏を貼ったのはいい思い出です。夏場は汗で剥がれるし痒いしで本当に大変でした。

背中ニキビを治そうと決意。汗っかきの私はシャワーで汗を流すことを習慣にしました

さすがにこれではいけないと思い、本格的に背中ニキビケアに乗り出しましたが、ニキビに良いとされるケア製品では思うように改善されなかったので、インターネットでいろいろ調べて、背中ニキビ発生の原因を取り除く努力をしました。

下着を綿素材の刺激の弱いものにしたり、家に帰ったらまずはシャワーを浴びて背中の汗を流す習慣をつけたり、シャンプーや石鹸も無添加のものにしてとにかく皮膚を労わるようにしたのが、徐々に功を奏してきました。

数ヶ月もすると新しいニキビができにくくなって絆創膏の消費量が格段に減りました。寝ているうちに無意識に引っかいて出血することも多々あったのが、それが全くなくなっただけでも嬉しい変化です。

汗のムレと体質に合ってなかったシャンプーや石鹸。改善したら背中が綺麗になりました!

私の背中ニキビの場合、背中の蒸れとシャンプーや石鹸が身体に合っていなかったのが背中ニキビの大きな原因だったと思います。あとは尿素の入った化粧水でしっかりと保湿したくらいのケアでしたが、効果的だと謳われている薬を使うよりもニキビは綺麗に治りました。

今は少し跡が残っている程度ですが、痒みも痛みも出血の可能性もないだけで満足しています。白いシャツも怖くありません。下手なケア製品に頼るよりも、原因を取り除くことの大切さが良く分かった経験です。

カテゴリー

サイトマップ