背中ニキビ保健室!

あなたの「背中美人」を応援します!

背中のぶつぶつは痛い?痛くない?あなたの背中ニキビ種類別治し方!

背中のぶつぶつ 痛い

突然背中がひりひり・チクチク痛みだしたと思ったら背中ニキビが出来ていた・・なんて、痛み出して初めて背中にニキビが出来ていることに気づく方も多いかと思います。

背中ニキビは顔と違って普段の生活では気づきにくい場所にあるため、結婚式前や水着を着る時でもなかったら放置してしまうこともあるかもしれません。ですが、痛み出したら話は別です。痛みが否応なく私達に「異常サイン」を送ってくれるわけですが、なんで痛いのかな・・これって放置してたらマズイのかな・・とちょっとした心配を持ってしまいますよね。

背中ニキビは大きく分けて「痛い背中ニキビ」「痛くない背中ニキビ」に分けることができますが、今回は痛い背中ニキビ、痛くない背中ニキビの2つはどういった違いがあるのか、またそれぞれでどういった対処をすることで背中ニキビを治すことができるのか、解説していきます。背中ニキビの痛みを抑えて、綺麗な背中を目指していきましょう。

痛くない背中ニキビとは?!

では、まずは痛くない背中ニキビについて解説します。痛くない背中ニキビには、2つの種類があります。

・白ニキビ
・黒ニキビ
白ニキビ

白ニキビ

黒ニキビ

黒ニキビ

白ニキビと黒ニキビって一体何なの?と思うかもしれませんが、これはニキビの発生と成長過程の段階で初期のころに見られる症状で、いわば「出来はじめ」のニキビの事です(顔にもできやすいニキビです)。痛みもないので、毎日背中を鏡でみない限りは非常に気づきにくいかもしれませんが、この初期の段階で手入れをしっかりすることで、ニキビの悪化を防ぐことができます。

もう少し詳しくみていきます。

背中ニキビは毛穴に皮脂や老廃物が詰まることで引き起こされますが、その「詰まりもの」が白くプクッと表面に見えることがあります。これが白ニキビです。毛穴には汚れや老廃物が詰まっている訳ですが、特に炎症をおこしたり腫上がったりはしておらず、無害なニキビです。

もちろん汚れた手で触ると雑菌が悪さをしてニキビを悪化させかねませんが、清潔な手であれば実はピュッと潰しても大丈夫なニキビなのです。

次に黒ニキビについてですが、黒ニキビは基本的には白ニキビと同じものになります。黒ニキビもニキビの初期段階にできるもので、毛穴の詰まりがプクッと表面にみえているものになります。

では白ニキビとなぜ見える色が違っているのかというと、黒ニキビは皮脂や老廃物が空気に触れて「酸化」したため黒く見えるようになるのです。ただ、酸化したからといって重症化した訳でもなく、あくまでも白ニキビと変わらないものなので、この段階でしっかりお手入れをすることでニキビを防ぐことが可能です。

痛い背中ニキビって何!?

では、次に痛みを伴う背中ニキビについて解説します。上述で白ニキビ・黒ニキビはニキビの初期段階で特に炎症もないとお伝えしましたが、一方で痛みを伴うニキビは、これら初期段階のニキビが悪化し炎症をおこしてしまった状態を言います。赤ニキビ(中期段階)、そして炎症後の化膿した黄ニキビ(後期段階)のことを指しています。

・赤ニキビ
・黄ニキビ
赤ニキビ

赤ニキビ

黄ニキビ

黄ニキビ

白ニキビ・黒ニキビを正しいケアをせず放っておくと、もちろん自然に治ることもありますが通常はますます皮脂や老廃物が毛穴に溜まっていき、どんどん毛穴が膨れ(炎症)てきてしまいます。

そこでその膨れをなんとか押さえ込むために白血球が登場し、炎症を沈静化させるべくニキビ菌と戦ってくれますが、ニキビの炎症が大きいほど白血球との戦いも激しくなっていきます(痛みも激しくなります)。そしてこの戦いが激しいほど大きな化膿をおこしていきます(これが黄ニキビ)。

なので背中ニキビが痛いな・・と気づいた頃には、実は背中ニキビはかなり「進行している」状態ということです。いつかはこの炎症も沈静化しますが、しかし放っておくと結果的に深いニキビ跡となってしまう恐れもあるので、この時期のケア方法にも、正しい知識が必要です。

タイプ別対処法

背中ニキビ ピーリング

では、「痛くない背中ニキビ」「痛い背中ニキビ」はそれぞれどうやって治したらいいのでしょうか?それぞれの対処法をみていきましょう。

痛くない背中ニキビ

(白ニキビ)

白ニキビは毛穴に詰まった汚れをいかに清潔に保つか、がポイントになりますので、汚れをかきだしてくれるピーリングを使用することをおススメします。ゴマージュ洗顔を背中に使ってみたり、スクラブを使ってもOKです。

市販のピーリング剤を使うのに不安を感じる方もいるかもしれませんが、一般的に市販品のほうがエステや美容クリニックで使用するピーリング剤よりピーリング効果が弱めなので、肌が敏感な方でも試しやすいかもしれません。毎日はおススメしませんが、だいたい週2回くらいがいいでしょう。また、ピーリングなどで背中を洗った後は保湿を忘れずにしてください。乾燥を招くと余計な皮脂の過剰分泌を招きます。

(黒ニキビ)

黒ニキビは白ニキビが酸化しておこるものなので、抗酸化成分に優れたビタミンC誘導体が入ったクリームや化粧水などをお風呂上りに塗ることが良いです。

痛い背中ニキビ

痛みを伴う赤ニキビや黄ニキビは、実は私達が直接お手入れをするのは避けたほうが賢明です。炎症をおこしていますので、まずは極力触らないことを心がけてください。背中は清潔に保ったままで、皮膚科や美容皮膚科、クリニックの受診をおススメします。

クリニックでは一般的には抗生物質などのお薬を処方してくれ、症状にあった形で背中ニキビの沈静化を目指してくれます。ただ1つだけ注意したいのは、病院での治療はあくまでも対処療法によるところが大きいので、「根本解決」にはなりにくい点です。

とはいえ一度医師の目で見てもらうことが大切です。ぜひ受診してみてください。

では!背中ニキビを根本的に断つには?!

痛みを伴った背中ニキビは、自分では何も刺激せず、まずは皮膚科やクリニックで見てもらうことが大切とお伝えしました。その治療で少なからず背中ニキビが沈静化してきたら、今度は「根本的に」背中ニキビを断つ/防ぐことを考えましょう。

根本的に断つには何が必要かと言うと、当たり前のことかもしれませんが生活習慣を見直すことが大大大前提になります。

・栄養のある食事をとる
・睡眠をきっちりとる
・規則正しい生活をする
・ストレスをためない(運動をする!)

特に女性はこれらが乱れるとホルモンバランスを崩しやすく、背中ニキビをひきおこしやすくなってしまいます。一見無関係に見えそうですが、普段の生活習慣は密接に背中ニキビに関わっています。

他にできること

背中ニキビ 漢方

背中ニキビを根本から断つことの方法として、他に有効な方法を2つお伝えします。

① 漢方を飲む

一般の薬局で売っているような薬(西洋薬)は、1つの症状に対して基本は1つの効果があります。(咳がひどいから咳止め、のように)。一方で漢方はその目的は「体質改善」で、1つの漢方であらゆる症状に効いていきます。背中ニキビにも有効な漢方がありますので、下記も参考にしてみてくださいね

※リンク:メンテナンス中

② 定期的にエステに通う

エステと聞くとハードルが高く感じられるかもしれませんが、プロの手によるリンパマッサージで血流が改善されたり、ごっそり溜まっている汚れをピカピカにとってくれたりと体の変化は確実に感じられるものです。定期的に通うことで体のメンテナンスが行き届き、体質改善に繋がっていきます。結果的に背中ニキビの出来にくい肌質につながりますので、ぜひ試してみてください。

また、1つのメニューで3000円くらいから、などリーズナブルな設定をしているところも多いので、気軽に相談できますよ。

まとめ

(1)背中ニキビには痛いものと痛くないものがある。

(2)痛くないニキビは白ニキビ・黒ニキビ。ピーリングやビタミンC誘導体が効く

(3)痛いニキビは赤ニキビや黄色ニキビ。ニキビが炎症をおこし、化膿している状態。まずは皮膚科やクリニックを受診することをおススメする。

(4)根本的に背中ニキビを断ちたい場合は、まずは生活習慣を見直すことが大切。

(5)また、漢方やエステに通うことでも体質改善が期待できる。

如何でしたか?痛い背中ニキビ、その正体は炎症をおこしている赤ニキビや、化膿した黄ニキビということが分かりました。かなり進行したニキビですが、自分では触らず、まずは皮膚科やクリニックで見てもらったほうが安心ですよね。痛いのが続くと辛いですが、これを機に背中ニキビを根本的に解決することを目指してみてください。

カテゴリー

サイトマップ