背中ニキビ保健室!

あなたの「背中美人」を応援します!

背中ニキビに効く市販薬まとめ!ドラッグストアで探してきました

背中ニキビを治すにはどんな塗り薬が効くのでしょうか?手軽に安く買えるドラッグストアの塗り薬で、これは良さそう!というものを調査してきました。

ドラッグストアの商品って、安いし似たような商品ばかりで本当に効くの?!と疑問に思うこともありますよね。

確かに高くて確実に「いいもの」に比べると、有効成分が少なかったり効果も感じにくかったりしそうなイメージですが、だからと言ってドラッグストアの商品すべてが全く意味のない成分ばかりを入れている訳ではありません。

成分とコストパフォーマンスのバランスでいうと優れた商品もたくさんありますので、今回は塗り薬で「これは良さそう!」というものを数ある商品の中から選んでみました。

ぜひ背中ニキビケアの参考にしてみてください。

背中ニキビに効く成分とは?まずは塗り薬の条件を整理

今回調査してきたドラッグストアでは、残念ながら「背中ニキビ用」という塗り薬はありませんでした。なので特に部位は指定していないけど「ニキビを治癒する」ことが目的の塗り薬を中心に集めていきます。

また、商品によって含有している有効成分も変わってきますので、まずはどんな成分や作用が背中ニキビの治癒効果に期待ができるのか?を整理します。

今回選んだポイントは下記になります。

・大人ニキビに効くもの
・殺菌しすぎないもの
・乾燥を招かないもの
・肌に優しいもの

大人ニキビに効くもの

思春期ニキビは皮脂の過剰分泌が目立ちますが、私たち女性の背中ニキビは一種の大人ニキビです。

どちらかと言うと背中の乾燥が原因なので、思春期ニキビとは明らかに作りが違います。よって治し方も変わってきますので、ちゃんと「大人ニキビ」に効くものであることが条件です。

殺菌しすぎないもの

ニキビの原因であるアクネ菌は、実は常在菌でニキビがない時でも私たちの肌に住んでいます。

皮脂をエサにして繁殖していくので、思春期ニキビで皮脂過剰になっているときはアクネ菌が異常繁殖しやすく、ニキビになりやすい状態です。なので思春期ニキビは殺菌をしてアクネ菌の異常繁殖を抑えることが必要になってきますが、背中ニキビの場合は必ずしもそうではありません。

もちろん背中ニキビでも炎症をおこしているものには多少の殺菌は必要になりますが、殺菌をしすぎると必要以上にアクネ菌をなくしてしまう可能性が高く、肌へのダメージが懸念されるのであまり強すぎないものがベターです。

また、背中ニキビはアクネ菌のほかにマラセチア菌という常在菌も原因として考えられますが、こちらの菌も闇雲に殺菌してしまうと肌のダメージだけが残ると考えられています。

よって、背中ニキビにはやはり殺菌はしすぎないものがいいです。

乾燥を招かないもの

上記の殺菌の話にも通じますが、殺菌作用が強すぎる成分は、比例して肌を乾燥させてしまいます。背中ニキビは肌の乾燥が敵なので、乾燥作用が強くなる成分は避けなければいけません。

因みになぜ乾燥が背中ニキビに良くないのかというと、肌が乾燥することで肌が硬化し、毛穴をふさぎやすくなってしまうからです。

毛穴がふさがれると、本来ターンオーバーで排出されるはずだった皮脂や老廃物が排出されず、ニキビとなって毛穴の中で膨らんできてしまうからです。

肌に優しいもの

背中ニキビ肌はとても敏感になっています。余計な添加物や刺激物で肌を刺激しては、さらに背中の状態を悪化させかねません。よってなるべく肌に優しい成分が配合されているものを選ぶのがベターです。

これだ!背中ニキビに効きそうな商品

では、上記の条件を満たしながら背中ニキビに有効な塗り薬をご紹介します。

ペアアクネクリームW (ライオン株式会社) 924円

ライオンから出ているこの塗り薬は、吹き出物にも効くニキビ薬で、

・塗った上からメイクもできる
・患部にすっと伸びて、べたつかない
・肌に近い(弱酸性)

と特徴をうたっています。

実際手にしたときのさわり心地は確かに全くベタつきがなく、クリームなのにスルっと水っぽい軽い感じがして不快感はゼロです。すーっと肌なじみがいいです。

肝心の成分ですが、主な成分は下記になります。

・イブプロフェンピコノール(IPPN)3%
・イソプロピルメチルフェノール(IPMP)0.3%

この商品を選んだ理由は、このイブプロフェンピコノールという有効成分があるからです。

これは非ステロイド系の抗炎症剤で、おだやかにニキビの炎症を鎮めてくれる成分になります。ステロイド剤と違って強くないので、対処療法的に一時的にニキビを治すだけでなく、慢性的な症状にも効くので、長引く背中ニキビには安心して使用できるものと言えます。

ただ、2つめの有効成分であるイソプロピルメチルフェノールは、通常では殺菌作用の強いものですが、0.3%程度の配合であればなんら問題ない範囲だそうです。よって乾燥も招きにくいと思われます。

AL薬用アクネクリームA (株式会社アクネスラボ) 1944円

こちらの商品は大人ニキビ、子供ニキビ、ストレスニキビに効くようです。ペアアクネクリームと違ってこちらのさわり心地はマットな感じで、伸びがあまりありません。

では主な成分をみてみましょう。


・イソプロピルメチルフェノール(IPMP) 0.1%
・ニコチン酸アミド

表記にそれぞれの含有率は書かれていませんでしたが、電話でメーカーに問い合わせたところ、IPMPは0.1%で、ニコチン酸アミドは「機密情報」で開示がNGとのことでした。

IPMPはペアアクネクリーム同様殺菌作用のあるものですが、この程度の含有量であれば問題ないです。

また、注目すべきはニコチン酸アミドで、これはメラニン色素を抑制する働きがあるもので最近注目を浴びている成分で、ニキビ跡となってしまった色素沈着を治癒していくことに期待がもてます。

通常のニキビ薬でこのニコチン酸アミドを使用しているものは他にはなく(個人的に調べられた限りでは)、この商品の特徴ともいえるでしょう。

また合成ポリマー、タール系色素、合成香料、動物性原料、シリコンも不使用なので肌に優しい成分を選んでいるのが伺えます。

逆に避けたほうがいいかも・・・な商品

背中ニキビに有効な条件を満たした塗り薬を2つ紹介しましたが、今度はなるべく避けたほうがいいと思う商品も参考までにご紹介します。

クレアラシル S3

いわずと知れたニキビ治療の老舗メーカーですね。早速クレアラシルの成分をみてみましょう。

・イオウ 3%
・レゾルシン 2%
・グリチルリチン酸二カリウム
・トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE) 0.5%

注目すべきは「イオウ」です。これは成分表に書かれている通り角質軟化成分で肌を柔らかくもしてくれるのですが、同時に強い殺菌作用と脱脂作用もあり、10代の思春期ニキビにならともかく、私たち大人の女性の背中ニキビにはガサガサに荒れてしまうことが懸念されます。

なので、できれば避けたほうが良いと判断します。

ニキビの万能薬は確かに便利!でも、やっぱり背中ニキビに特化した商品が一番です

上記では、ドラッグストアで買える商品を取り上げながら、同じニキビ薬であってもそれぞれに含有されている有効成分が違うことが分かりました。

背中ニキビにとって良いもの、あるいは避けたほうがいいものを解説しましたが、1点留意しておきたいことがあります。

それは、こういった「どんなニキビにも効きますよ」とうたっているニキビの万能薬は、便利でマルチに役に立つ反面、じゃあ背中にも本当の本当に良く効くの!?というところでの最後の押しが弱い場合があります。

例えば、上述しましたがニキビはアクネ菌が原因でなると考えられるため、ドラッグストアの商品は「アクネ菌を殺菌」すると書いてあります。ですが、背中ニキビになるとアクネ菌のみならず、マラセチア菌という別の菌が原因となる可能性もあります。

そうするとやはりマラセチア菌にも効く成分が必要になりますし、たとえアクネ菌の殺菌成分と同じ成分がマラセチア菌にも効いたとしても、そのことをちゃんとしっかり消費者に伝えないと、私たちには本当に良いものなのか分かりませんよね。

もちろん上記のニキビ薬は背中ニキビも含めてあらゆるニキビに多少なりとも効果は期待できるでしょうが、やはり背中ニキビには背中ニキビの原因や特徴に特化した解決策が欲しいところです。

そういう観点でいうと、背中ニキビに特化した商品として下記が参考になるかもしれませんのでぜひ興味あったら見てみてください。2ヶ月トライアル中です。

※リンク:メンテナンス中

まとめ

(1)ドラッグストアで見つけられる塗り薬で、背中ニキビに効きそうなものを探しました。探した条件は下記の通り。
①大人ニキビに効くもの
②殺菌しすぎないもの
③乾燥を招かないもの
④肌に優しいもの

(2)条件を満たしたもので良さそうなものは2つ。ペアアクネクリームと、Al薬用アクネクリーム。どちらも刺激が強くなく、大人の女性の背中ニキビに効果が期待できそうなもの

(3)でも、結局背中ニキビに特化しているわけではないので、できるなら背中ニキビに特化した商品がベター

背中ニキビがなかなか治らないと辛いですよね。私も長らく背中ニキビに悩んだ一人です。綺麗な背中を出せるようになったらどんなに自信を持てるだろう!と何度も思って、試行錯誤、いろいろな方法を試してみました。

今回はドラッグストアで見つけられる有効な商品を紹介しましたが、商品によって入っている成分も違いますし、期待できる効果も違ってくることが分かりました。

肌を乾燥させないことを忘れずに、ぜひ自分の背中にあう商品を探してみてくださいね。

カテゴリー

サイトマップ