背中ニキビ保健室!

あなたの「背中美人」を応援します!

背中ニキビに効く市販の飲み薬まとめ! ドラッグストアで市販サプリメントを調査してきました

人の体は通常、口にした食べ物から作られているので、自分が摂った栄養がそのまま体を作っているといっても過言ではありません。

背中ニキビをはじめとする肌荒れも、普段口にする食べ物によってその症状を悪化させることもありますし、逆に緩和させることもできます。

つまり、必要な栄養が足りていなければ背中ニキビを引き起こしやすい肌環境ができますし、逆に充分な(偏りのない)食生活を送っていれば、背中ニキビを始めとする肌荒れはおこりにくい肌環境が出来るということです。

この記事ではそんな普段の食生活/栄養摂取に着目し、背中ニキビが出来にくい肌環境を作るにはどんな食事を摂ったらいいのか?

また、サプリメントなどで補えるのであれば何を選べばいいのか?ドラッグストアでも入手できる商品を取り上げながら解説していきます。

綺麗な背中を目指すべく、ぜひ参考にしてみてくださいね。

忙しい毎日の生活、あなたは3食きちんと食べていますか?

普段の生活で、自信をもって毎日栄養バランスの良い食事をとっています!と言える人は、現代の生活ではとても少ないかもしれませんね。

忙しさのあまり一食抜いてしまったり、ダイエットや健康を気にして炭水化物を抜いたり、疲れてしまってコンビニのお弁当で夕食を済ませてしまったり・・

また、家族と離れて暮らしている場合であれば、「自分一人だし」と好きなものだけで固めて、偏った食事になりがちではありませんか?

確かに、忙しい毎日では食事以上に優先させたいことも山ほどありますし、たっぷりの食材で毎食調理をするなんて、面倒で大変なことですよね。

ですが、そんな生活の中で少しでも肌荒れに悩んでいたり、なかなか背中ニキビが治らない!と嘆くことがあれば、それはやはり食生活に問題がある可能性が高いです。

食事はただ空腹を満たすものではなく、食物からとれる栄養素が体の様々な機能を正常に動かす働きを持っています。

背中や肌が荒れてしまっているのは、必要な栄養を体が受け取れず、肌細胞が正常に機能することができなくなっているからなのです。

背中ニキビに効く栄養とは?

では、今ある背中ニキビを治し、さらにニキビが出来にくい肌環境を作るにはどんな栄養が必要なのでしょうか?

実は多くの女性が勘違いしていることがありますが、いくら健康肌を目指そうと思ってもただ闇雲に野菜ばかりを食べればいい、という訳ではありません。

野菜だけを食べても単独でビタミンなどの栄養がとれる訳ではなく、他の食材(例えば肉やお米)とバランスよく摂ることによって相互に作用し合い、初めてビタミンの効果がでるとされています。

なので、いわゆる「6大栄養素」をきちんと摂ることは大前提になりますが、その上で、背中ニキビを寄せつけない栄養素を積極的に摂ると効果的です。

その栄養素とは、

・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンE
・食物繊維

の4つです。

背中ニキビは体内バランスの乱れで肌が硬くなり、毛穴の出入り口が塞がれてしまうことで起こります。毛穴の中にどんどん皮脂が溜まってしまいますので、食事療法でのポイントは皮脂分泌を上手に抑えていくことです。

ビタミンB1、ビタミンB2

この2つのビタミンは皮脂分泌を抑える働きがあります。特にビタミンB1は炭水化物の代謝を、ビタミンB2が脂質代謝を助ける働きがありますが、この助けがないと皮脂分泌が多くなってしまいます。

またビタミンB2は皮脂の分泌をコントロールしてくれます。

ビタミンE

ビタミンEは血液の流れをスムーズにする働きがありますので、血流の改善によって肌が硬くなることを防ぎ、またニキビ跡の色素沈着を防ぐことへの助けとなります。

食物繊維

便秘は体内に毒素を溜めてしまい背中ニキビを出来やすくしますので、スムーズなお通じのためにも食物繊維は積極的にとりたい栄養素です。

また、それぞれの栄養素がとれる食品は下記の表の通りです。

これら4つの栄養素が背中ニキビにとっては食事療法となりますので、ぜひ普段の食事で意識して摂るようにしてください。

ですが、毎食まんべんなくとるのはやっぱり難しいですよね・・そこで次章では、これら栄養素を手軽に補うという位置づけで、背中ニキビに効くサプリメントや漢方をご紹介します。

ドラッグストアのサプリメントや漢方で背中ニキビに良いものはある?

早速ドラッグストアで探しましたが、上記の4つの栄養素だけが入った何かしらのものを見つけることはできませんでした。(そんな都合のいいものはないですよね)

ですが、マルチビタミンやその他「肌荒れ」に特化したビタミン剤などで、これは効果が期待できそう!というものをいくつか調査したので、ご紹介したいと思います。

多くの商品を比較の上、より信頼できそうなものを選びました。(個人の判断に基づきますのでご了承ください)

【サプリメント】

ネイチャーメイド  スーパーマルチビタミン&ミネラル

これを飲んだら間違いない、というくらい沢山のビタミン、栄養素を網羅しています。

ビタミンB1,B2,Eはもちろん、抗酸化作用があり肌のアンチエイジングが期待できるビタミンCも含まれています。背中ニキビが気になるとき以外でも、普段から習慣にしたい商品です。

ハイチオールBクリア

ニキビに効く成分をギュッとつめた商品です。ビタミンB1,B6が肌のターンオーバーを正常に保つ働きをし、ビオチン、ニコチン酸アミド、パントテン酸カルシウムがビタミンB2同様に脂質代謝を助ける働きをしてくれます。

ニキビ肌のための心強い商品です。

マスチゲン BBゼリー錠

「肌荒れ、にきび、口内炎、疲れに」とうたっており、成分はビタミンC,ビタミンB2,ビタミンB6,ニコチン酸アミドとニキビに嬉しいものしか入っていません。

また、「あ、これいいな!」と思う点は、グミのように噛んで服用できるという点です。パックタイプなので鞄に入れてもなんら嵩張らないですし、味もグレープフルーツ味で本当におやつのような感覚です。

この3つの中で一番手軽に、可愛く、美味しくビタミン補給できるかと思います。

【漢方】

ヨクイニンエキスタブレット

サプリメントでは少し抵抗がある、という方であれば、まずは漢方を服用することで穏やかに体質改善をしてみてはどうでしょうか。

ヨクイニンエキスとは、イネ科のはと麦の種子で、肌を綺麗にする働きがあります。植物からできているので、副作用などの点でもより安心できるかと思います。あまりサプリメントが得意じゃない方はこちらのほうが良いかもしれません。

ただ成人は1回6錠、1日3回の服用が用法・用量としてあるので、少し面倒がゆえに飲み忘れが心配なところです。。

栄養はバランス良く、食品からとることが美背中への近道!サプリメントオンリーにならない大切さ

再三になりますが、普段の生活で「ヘルシー♪」と思っている食習慣が、実は逆に背中ニキビや肌荒れを引き起こしている可能性があります。

・油は摂らない
・サラダばかり食べている
・たんぱく質は脂も多いし太るから控えている
・美容のために栄養補給バー・ビスケットみたいのばかり食べている(カロリーメイトみたいな)

思い当たることはありませんか?

正直に言いますが、こんな食生活ですと逆に背中ニキビを増やす肌環境を作っているようなものです。そしてこんな状態でたとえサプリメントを摂っても、効果は目に見えています。

サプリメントは確かに足りない栄養素を補うものですが、でもだからといって全ての栄養をサプリメントでまかなおうとするのは間違っています。サプリメントはあくまでも「補う」役で、その栄養は本来は食品からとることで一番体にも吸収されやすくなります。

例えば、ビタミンCのジュースやサプリメントを摂ると、尿が黄色くなることがありますよね?でもビタミンCが豊富な果物(キウイ、いちごなど)をたくさん食べても決して黄色い尿は出ませんよね?

サプリメントで多少なりとも栄養がとれても、どこまでちゃんと体内に吸収できているのかは疑問なところが多く、やはり一番は食品から栄養をとることが大切です。

一番肌にとってよくないのは、6大栄養素が欠けること

上述でもありましたが、とにかく量は少なかったとしても、6大栄養素の食品を満遍なく食事から摂ることが大切です。毎食が無理なら1日単位、2日単位で必要な栄養を摂り、少しずつ増やすように工夫してみてください。

下記は、6大栄養素の中で特に「美肌」に良い食品を挙げています。まずはこの食品からとってみては如何でしょうか。

まとめ

(1)背中ニキビを治すには、特にビタミンB1、ビタミンB、ビタミンE、食物繊維を意識して摂取するといい

(2)背中ニキビに効くサプリメント(ネイチャーメイド、ハイチオールB)、漢方(ヨクイニンエキス)もあるが、あくまでも「補う」役目であって、全面的に頼りにはしない。食品から栄養をとることが一番

(3)6大栄養素の食品を、量が少なかったとしてもバランスよく食べることが大切。

如何でしたか? なんとなくビタミン類が背中ニキビや肌荒れに効く気はしてたけど、実際どんな栄養素が良いのかなかなか知らないことも多かったかもしれません。

背中ニキビはなかなか治らないことも多く、気持ちが沈んでしまいがちですが、ぜひ内側からのケアにも目を向けてみてくださいね。

サプリメントはあくまでも補助的な役目ですが、私もサプリメントをかなり頼りにしてしまうことがあります。ですが食生活を見直すことがまずは第一ですよね。少しずつ、食習慣も治していきましょう!

カテゴリー

サイトマップ