背中ニキビ保健室!

あなたの「背中美人」を応援します!

背中ニキビは寝不足が原因!?実は関係の深い睡眠と背中ニキビのお話

どんな対策をしてみても、背中ニキビが治らない!と嘆きたくなる気持ち、本当によく分かります。

お風呂できちんと清潔にしているし、栄養もちゃんととっている。皮膚科にだって行ったけど、もぉ~治らない!という、「何をしても治らない」背中ニキビは、実は珍しいことではありません。

とはいえ、「じゃあ○○をしたら治る」という明確な答えも存在しないのが背中ニキビです。生活習慣を正して、体の内側、外側と両方面から粘り強くケアをすることがとても大切になってきます。

きちんと栄養を摂ることはもちろん、運動することも、ストレスを溜めないことも、背中を清潔に保つことも、保湿することも、実は全てが密接に関係していて、全てのバランスが整ってこそ、根本から治していくことが可能になります。

とはいえ、その中でももちろん優先順位というものはあります。ケアする優先順位を間違っていては、いつまで経っても背中ニキビは改善していきません。

もしかしたら、あなたの治らない背中ニキビは、一番見直さなければならないことが欠けていたからかもしれませんね。

背中ニキビを治す上で一番の優先順位とはなんでしょうか?

さっそくですが、背中ニキビに一番大切なもの。それは、「睡眠」なのです。

あなたは睡眠がどれだけ大切か知っているでしょうか?

現代に生きる私たちは仕事にプライベートに本当に忙しい毎日を送っていますが、実は、睡眠は背中ニキビにとって一番と言いきれるくらい大事なファクターで、食べることよりも、運動することよりも何より優先順位をあげて欲しいものになります。

・帰宅が深夜になってしまったら、ご飯は抜いてでも寝る時間を確保する
・お風呂の時間が真夜中を過ぎてしまうくらいなら、先にとにかく寝てお風呂は朝に入る

として欲しいくらい、睡眠の優先順位をあげる必要があります。

あなたの睡眠時間は足りていますか?毎日深い眠りにつくことは出来ていますか?

今回はなぜ睡眠が背中ニキビにとってとても大切なのか解説しながら、ぐっすり眠るための技や、その他にも大切にしたいケア方法などお伝えしていきます。

あなたは睡眠時間どれくらいですか?

あなたはいつも、どれくらいの時間を睡眠にあてていますか?仕事で帰宅が遅くなったり、プライベートで夜に外出したり、趣味でついつい夜更かしをしてしまったり・・・

翌朝疲れを残したくないし、早く寝たほうがいいのは分かっているけど、なかなか早寝ができないことってありますよね。

ところで、世の女性の平均睡眠時間はどうようになっているでしょうか?統計でみてみましょう!

※総務省ホームページ内の、「NHK放送文化研究所」の世論調査(2015年)より引用
「日本人の生活時間 2015」 (30分以上連続した睡眠、仮眠、昼寝)

これを見る限りは、20代も30代の女性も睡眠時間は7時間を超えているようですね。

後述しますが、少なくとも6時間睡眠は欲しいというのが背中ニキビ対策の核なので、結構しっかり睡眠時間を確保している印象があります。

毎日忙しくしていても、これだけ寝ることができていればなんら問題ないように思えます。

しかし、果たして「質」の部分で言うとどうでしょうか?

あなたは翌朝の目覚めはスッキリですか?それとも起きると昨晩の疲れがどっと出てきますか?実は睡眠は単なる時間量だけではなく、「良質な」睡眠である必要があります。

この良質な睡眠こそが、背中ニキビを改善していく鍵となっていきます。

睡眠時間が少なかったり眠りの質が悪いと、背中ニキビにどうして良くないの??

睡眠は体を修復し、綺麗な肌を作る時間

睡眠時間が少ないと、翌日は一日中疲れていたり、頭が痛くなったり、ふらふらしたり・・・もうずっとおうちにいたい!なんて思うことはありませんか?

それもそのはずです。なぜなら、私たちの体は睡眠をしているときだけに、疲れたり、傷んだ内臓や肌細胞を修復することが出来るからです。

体をきちんと修復して、綺麗な肌や元気な体を作るには、トータルで最低でも6時間必要と言われているため、睡眠時間が6時間をきっている場合は、誰でも疲れが取れなかったり肌荒れや背中ニキビを引き起こすことになるのです。

また、6時間の修復時間のうち、眠り始めの3時間が特に大切と言われています。

それは最初の3時間の間に成長ホルモンが分泌されるからで、この成長ホルモンが分泌されることによって、肌細胞が新しいものに変わり体全体が修復されることを促してくれます。

よって、特に最初の3時間は深く、質の良い眠りにつくことが大切で、トータルでは6時間以上の睡眠時間を確保することが必要になるのです。

さらに、ただ6時間寝ればいいという訳ではない

しかし、6時間ただ寝たからと言って、上記のような成長ホルモンがしっかり分泌され、良質な睡眠が確保されるというわけではありません。

特に最初の3時間に深く眠り、しっかりと成長ホルモンを出させるためには「一定時間」に毎日起きたり、寝たりすることが大切になります。

毎日決まった時間に起床、就寝するのは実はとても難しいことかもしれませんが、成長ホルモンは体内時計にかなり影響されるので、規則正しく睡眠時間を確保することがポイントになります。

睡眠のサイクルを知って、上手に寝る

また、睡眠は眠りが浅い「レム睡眠」と眠りが深い「ノンレム睡眠」が1時間半ごとに訪れます。

入眠はノンレム睡眠、起床は起きやすいレム睡眠の状態であることがベストなので、3時間ごとのペースで睡眠時間を確保することが、一番体にとって良いリズムになります。

6時間もしくは9時間、がベストということです。

寝る前にスマホいじってませんか?

良質な睡眠にするためには一定時間に起きる・寝ることが大切といいましたが、寝る前の習慣もポイントになってきます。

あなたは寝る直前までテレビを見たり、スマホをいじってはいませんか?テレビやスマホの画面をみたあとでは、脳は興奮状態となりますのでとても深い眠りにはなりません。

少なくとも寝る1時間前にはテレビやスマホから離れ、照明も少し暗くすることが望ましいです。そうするとメラトニンと呼ばれるホルモンが分泌されて、体が寝るための準備を始めていきます。

背中ニキビを治すために、睡眠のゴールデンタイムって守らなければいけないの??

ところで、「美肌のゴールデンタイム」とは聞いたことがあるかもしれませんが、夜の10時~2時の間に眠ることで、肌が綺麗になるといわれる時間帯です。

しかし現代の忙しい女性達の生活で、夜10時に眠りにつくのは至難の業と言わざるを得ません。

ゴールデンタイムも大切ですが、しかしもっと肝心なのは、上述したような一定時間に眠る毎日の「リズム」ですので、10時に寝ることに囚われず、毎日規則正しい時間に寝ることを心がけてください。

せめて12時~12時半には眠り、6時間以上確保できるのが望ましいです。

ぐっすり快眠するためのコツ6選

ここからは、背中ニキビを治すために「ぐっすり」快眠できるようにするコツを、具体的にお伝えしていきます。

普段なかなか寝付けない人は、ちょっとしたことが原因かもしれません。綺麗で美しい背中を手に入れるためにも、睡眠の質をあげることにフォーカスしてみてください。

下着、パジャマなどの締め付けを避ける

締め付ける下着やゴムのきついパジャマは、血行を悪くします。血行が悪いと寝つきにも影響してきますので、キツいパジャマや下着は避けてゆったりとした恰好で寝ましょう。

枕の高さを見直す

寝ると首周りや肩がこりませんか?起きると肩周辺が重たい感じがしたら、枕が合っていない可能性があります。

首の後ろにあたる部分の高さは約7cmと言われていますので、低すぎず、高すぎずの枕を選んでみてください。気持ちいい枕は人それぞれですが、今の枕が合っていないと感じたらすぐに変えるようにしましょう。

カフェインを控える

コーヒー、紅茶、緑茶には脳を活性化させるカフェインが豊富に入っています。寝つきにくくなりますので、夜の8時以降は控えましょう。
どうしても温かい飲み物を飲みたい場合は、眠気を誘うノンカフェインのカモミールティーがおススメです。気分を落ち着かせてくれます。

寝る前は照明を暗く

寝る直前までテレビやスマホを見ていると、ブルーライトの影響で著しく睡眠の質を下げます。

就寝の1時間前にはテレビやスマホを切り、部屋の照明を暗くしましょう。そうすると眠りを誘うメラトニンというホルモンが分泌され、スムーズな入眠を助けてくれます。

ストレッチをする

お風呂あがりにストレッチをします。お風呂とストレッチで血行が良くなり体温があがりますが、少し経ったところでベッドに入れば、体温が下がると同時に深い眠気が訪れます。

本を読む

テレビやスマホから離れ、本を読みましょう。面白い内容だと頭が冴えてきてしまうので、普段チャレンジしないような難しい本がおススメです。

まとめ

(1)背中ニキビを内面からケアするには、食べることよりも運動することよりも、とにかく睡眠を優先することが大切

(2)睡眠をすることによって、内臓や肌が修復される=背中ニキビが綺麗になる

(3)トータルの修復には6時間以上睡眠が必要(特に入眠してから3時間は成長ホルモンが分泌される)

(4)睡眠のサイクルは3時間なので、6時間、9時間などのサイクルで睡眠時間を確保する

(5)美肌のための「ゴールデンタイム」を守るより、毎日一定の時間に起床し就寝するリズム(体内時計)を整えることのほうが大切

如何でしたか?忙しい毎日だと、どうしても睡眠時間を犠牲にしてしまうことってありますよね。

何をしても治らない背中ニキビは、とにかく睡眠が必要だっただなんて、少し目からうろこだったかもしれません。

睡眠時間を規則正しくすることで、背中ニキビだけじゃなく体全体の調子もよくなっていきますので、ぜひ良質な睡眠を確保できるよう快眠の「コツ」を参考にしてみてくださいね!

そして良質な睡眠のコツが分かってきたら、今度は外側からのケアも忘れずにすることが大切です。背中ニキビは保湿をすることが外側ケアのポイントですが、しっかりと背中を保湿してあげることで、肌のターンオーバーが促され、綺麗な肌への生まれ変わりを加速させてくれます。

サンプル
因みに、私が使った保湿剤は優しい成分がたっぷり入ったジュエルレインという背中ニキビ専用のジェルです。背中ニキビのメカニズムに沿った商品で、古い角質を取り除きながら肌を柔らかくし、きちんと保湿成分が背中に浸透していくよう設計されています。ニキビの炎症も抑えながら保湿してくれるので、安心して使っています。

実際の使用レビューも書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

カテゴリー

サイトマップ