背中ニキビ保健室!

あなたの「背中美人」を応援します!

ユースキンが背中ニキビに効くって本当!? メーカーに直撃して調査してみました!

一家に一つはあると言っても過言ではないユースキン。私も小さい頃から、何かと使っていたような気がします。

最初はあの独特なニオイが嫌いでしたが、使うほどに逆に心地よくなってきて、下手な市販のクリームを使うくらいなら昔から信頼されているユースキンを使って、手荒れなどを治していたような気がします。

手の乾燥やあかぎれに効くといわれているユースキン、なんだか万能薬のような気がしますが、ところで、背中ニキビには効くのでしょうか?

もし背中ニキビにも効くなら、ドラッグストアでも買えるしなんだか肌に良さそうだし、手軽に治せていいのでは?!と便利であることは間違いないですよね。

この記事では、そんな昔から親しまれてきたユースキンが、果たして背中ニキビにも効くのか?メーカーに直接聞いたり、成分を分析したりして解明していきたいと思います。

まずはユースキンがどんなものか見てみましょう!

ユースキンって、あなたもきっと見たことありますよね。こんな感じのオレンジ色がトレードマークの。

箱から出すとこんな感じ。数量限定でミッフィーのチューブ型ローションもついています!可愛いですね。

今回はこの一番代表的なオレンジ色のユースキンAにフォーカスします。

概要

ユースキンはユースキン製薬株式会社の商品で、昭和30年に創業しています。実はこのオレンジ色の一番よく目にするユースキンA以外にも、ユースキンI、ユースキンS(ミッフィーのチューブはこれ)というシリーズがあるようです。

・ユースキンA  –手・かかと・唇のあれ
・ユースキンI –あせも・しっしん
・ユースキンS –乾燥肌・敏感肌

ユースキンAを含むこれらユースキンシリーズには、とくに「ニキビに効く」というような書き方(表現)はしていないようです。

確かにパッケージに書かれている効能は、ひび、あかぎれ、しもやけ です。

早速、ユースキンAは背中ニキビに効くのか?聞いてみました

とりあえずメーカーに直接聞いてみよう!ということで、早速電話してみました。

「お客様相談室」は電話、メール、郵便での問い合わせに対応しているようです。電話はフリーダイヤルなので、早速こちらににかけてみました。

「はい、ユースキンお客様相談室でございます」

自動音声案内が流れる訳でもなく、直接担当のお姉さんが出てくれました。(柔らかい優しい声で、とても安心感がありました!)

「如何なさいましたでしょうか?」

「あのー、、ユースキンAの効能についてお聞きしたいのですが・・」ずばり背中ニキビに効くのか聞いてみました。

担当者の方はとても丁寧に教えてくれました。そして効くのか効かないのか、下記のような回答を頂きました。

・背中ニキビ(ニキビ全般)への効果は申し上げられない
・ユースキンAは保湿剤という位置づけ
・ニキビに効くと言う方もいらっしゃるが、逆に余計にニキビが出来たという方もいて、個人差もあり明言できない
・もしニキビに使う場合は、少量ずつ使用して肌に影響ないことを確認しながら行ってください

結論、ニキビに効くという効能はうたってないため、メーカーとしては「ニキビにも効きます」と明言はできないようです。

しかし、ニキビに効いた!という方が実際いることや、逆に増えてしまった方がいることも教えてくれたので、益々本当のところはどっちなのか、もっとユースキンを知りたいと思えてきました。

この担当者の方いわく、「効く」と言っている方はどうやらこのユースキンAの成分にある、「グリチルレチン酸」や「dl-カンフル」が抗炎症成分の作用があるため、ニキビの炎症を落ち着かせて治ったのでは、とも教えてくれました。

ですが、逆にニキビが酷くなった方もいるようなので、やっぱり気になりますよね。

一体、ユースキンAのどんな成分がどんな形で現れると背中ニキビに効いてくるのでしょうか?はたまた、やっぱり全く効果は見込めないため、背中ニキビには使わないほうがいいのでしょうか?

今度は独自に成分を分析しながら、詳しくみていきます。

ユースキンAの成分を徹底解剖

改めて、ユースキンAの成分をみてみます。

成分は外箱にかいてあります。

☆有効成分

・ビタミンE酢酸エステル
・グリチルレチン酸
・dl-カンフル
・グリセリン

では、それぞれがどんな役割を持っているでしょうか?

・ビタミンE酢酸エステル

ビタミンE誘導体。抗酸化作用、皮膚の血行促進作用があり、、肌荒れを改善させる

・グリチルレチン酸

植物のカンゾウ由来のもので、抗炎症効果がありニキビの炎症を鎮めたり、日焼けあとの赤みをひかせたり、抗アレルギー作用などがある

・dl-カンフル

冷感を刺激し、かゆみや痛み止めとなる作用がある。また、血行をよくする作用もある

・グリセリン

皮膚への刺激が弱く、しっとりした保湿成分

これら4つの成分が有効成分としてユースキンAには入っていますが、上記の成分説明でも分かるように、確かにグリチルレチン酸は、お客様相談室の方が言っていたように抗炎症成分があります。

そしてさらに色々な文献でこの成分を調べてみると、このグリチルレチン酸は「ニキビの炎症を鎮める」とはっきり解説されていることが多いと分かりました。

ユースキンAは、グリチルレチン酸が入っているからと言って、「ニキビに効く」とは全く書いてないし、会社としても明言していませんが、このグリチルレチン酸をメインの有効成分として「ニキビ薬」としている商品が他に沢山あることも分かりました。

つまり、グリチルリチン酸はニキビに効くのだ、ということになります。

また、ビタミンE酢酸エステルにみられるビタミンEは、皮脂の酸化を抑える働きがあるため、毛穴の詰まりを防ぐ効果があると言われています。背中ニキビは毛穴に皮脂や老廃物が詰まることでおこるので、ビタミンEが作用することで背中ニキビを予防できる期待がもてますね。

参考までに、ユースキンAと似た成分のニキビ薬ということで、クレアラシルS3を見つけましたので載せますね。

成分
・イオウ 3%
・レゾルシン 2%
・グリチルリチン酸二カリウム
・トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE) 0.5%

「イオウ」は強い殺菌作用があるので背中ニキビには向きませんが、その他の成分でいうと、同じ抗炎症作用のある同じグリチルリチン酸系、そしてトコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)が入っています。(これはビタミンE酢酸エステルの別名称です)

ニキビ薬の代表格であるクレアラシルに入っている成分と、ユースキンAとの成分で同じものがなんと2つもあるのですね。

なので、ユースキンAがニキビに効いた!という声があってもおかしくないですし、実はニキビにちゃんと効く成分が入っているという事実が分かりました。

まとめると、ユースキンAの成分って本当に背中ニキビに効くの?

上記の成分を考えると、ニキビ(背中ニキビ)に効く成分がユースキンAには含まれている、ということが分かりました。

しかし、効いたという人もいれば逆に増えた、という人もいた訳です。結論、背中ニキビにユースキンAを使ってもいいのでしょうか?

ここまで成分や効能を検証してみましたが、1つ結論として言えることがあります。それは、ユースキンAを使って良い背中ニキビと、使ってはいけない背中ニキビがある、ということです。

もう少し詳しく言うと、ユースキンAは、確かに背中ニキビに効く成分が入っているのが分かりました。しかし、全ての背中ニキビの種類に効くかといわれると、それは違います。

そしてそれが「余計にニキビができた」人の理由にもなると思いますが、背中ニキビには4つの種類があることを忘れてはいけません。

①白ニキビ・黒ニキビ
②赤ニキビ
③黄ニキビ
④ニキビ跡

背中ニキビは①から始まって、どんどん悪化するに従って②赤ニキビ、③黄ニキビ、とニキビの新たな段階に突入します。

初期のニキビである白ニキビ・黒ニキビは、単に毛穴に皮脂や老廃物が詰まっただけの状態であるため、特に炎症もなく痛みもないのですが、これらが悪化すると赤ニキビとなってしまいます。

そしてこの赤ニキビは「炎症」状態で、場合によっては痛みを伴うものになります。その後炎症が膿となり(黄ニキビ)、最終的にニキビ跡になっていきます。

さきほどからユースキンAの有効成分のグリチルレチン酸は「抗炎症作用をもつ」、とお伝えしてきましたが、まさにこの抗炎症成分は「赤ニキビ」の炎症を抑えることに期待できるいうことです。

しかし一方で、炎症のない白ニキビや黒ニキビにユースキンAを塗ったところで、全く効き目はないばかりか、グリセリンの保湿成分などが皮膚覆ってしまい、毛穴がふさがれて余計に背中ニキビを悪化させてしまう可能性があるのです。

それが、「余計にひどくなった」ゆえんであることが予測されます。

結論

赤ニキビ

よって、結論はユースキンAは背中ニキビに効く!しかし、赤ニキビの炎症にだけ効く、ということが言えそうです。

あまりにも痛みがあったら使用は控えたほうがいいと思いますが、少し炎症が気になるようであれば、少量だけ、ピンポイントに塗って様子をみてみてもいいかもしれません。

やはりユースキンAは、家庭の万能薬ですね!

でも、本当に根本的に背中ニキビを治したいなら、〇〇すべき!

とはいえ、ユースキンAはあくまでも炎症を抑える「対症療法」としての位置づけになるので、根本的な背中ニキビの解決にはなりません。

背中ニキビを治す上で一番大切なのは「保湿」なのですが、日ごろから保湿をきちんとすることによって肌を柔らかくし、背中のターンオーバーを促進させて、背中ニキビを根本から治していくことができます。

何で保湿したらいいの!?という方は、ぜひ下記に背中ニキビ専用の保湿ジェルの商品レビューも書いていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

(1)家庭にあるユースキンAは背中ニキビに効くのか?メーカーに聞いたところ「ニキビ用ではない」と、効果は明言されなかった。

(2)しかし、ユースキンAの成分には、他の市販のニキビ薬にも含まれる抗炎症成分や抗酸化成分が入っており、どうやらニキビにも効果がある成分が含まれている。

(3)ただし、効くと考えられているのは炎症した「赤ニキビ」であって、炎症のない他のニキビ(白ニキビなど)には使わないほうがいい

(4)とはいえ、ユースキンAは対処療法になりがちなので、本格的に背中ニキビを治すには保湿がポイントとなる。

如何でしたか?家庭にあるユースキンAって、なんとなくニキビにも効きそうな気がしていましたが、やっぱり家庭の万能薬のようですね!
ユースキンAには、一般のニキビ薬と同じ成分が入っているなんて私もびっくりしました。対処療法にはなりますが、手軽に塗れて、とても便利に使えそうですね。

もし対処療法だけでなく、根本的に背中ニキビを治したい場合、私の試したジュエルレインもぜひ見てみてください。背中ニキビに納得の成分が入っていて、私も安心して使っています。現在も継続レポート中ですので、ぜひ参考にしてみてください。

※リンク:メンテナンス中

カテゴリー

サイトマップ