背中ニキビ保健室!

あなたの「背中美人」を応援します!

髪の毛のチクチクやシャンプー残りが背中ニキビの原因に?ずぼらな私が背中ニキビを治した方法とは

超ずぼらな私は、「スキンケア」というものをしたことがないのです・・

35歳の主婦です。小さな頃から皮膚が弱くて、肌トラブルにはいつも悩まされていました。

普通こんな悩みがある人なら、普段からスキンケアを十分心がけて、症状を最小限に食い止める努力をするでしょう。けれど私は根っからのずぼらなので、まめにスキンケアをするどころか、肌トラブルのあるところを触りまくって、ますますひどくしてしまったりしていました。

ポニーテール × シャンプー × トリートメントの刺激が背中ニキビの原因と判明!

さて、私が最初に背中ニキビに悩み始めたのは高校生の頃です。当時から髪が長く、通学時にはポニーテールにしていました。

当初は首の付け根あたりがムズムズするな、という感じだったのがどんどんひどくなり、ちょうど襟足から下にかけて背中ニキビがたくさんできてしまいました。その時は全然原因に思いあたるふしがなく、なんで?という感じでした。

けれどよく考えるとポニーテールの毛先が時々制服の中に入って背中を刺激し、さらに抜け毛が落ちて、背中をもっと刺激していたのです。

さらにシャンプーとトリートメントも原因でした。当時は最初に体を洗って、シャンプー・トリートメントをしていたのですが、そうするとシャンプーを洗い流すとき、シャンプーが体に付いてしまっていたようでした。

それに気づいた私は普段の髪の毛はお団子にして、お風呂では先にシャンプーとトリートメントを済ませ、きちんとタオルで巻いて体に触れないようにして体を洗うようにしました。

この努力もあってか、背中ニキビはできなくなりました。しばらく跡がのこって結構憂鬱でしたが、若かったせいかどんどん薄くなって気にならなくなりました。

一時は綺麗に治った背中ニキビ。ところが出産後の体質変化でまた悩まされることに!

その後、今の主人と出会い、結婚式の時は、当時流行りすぎていたベアトップのデザインのウェディングドレスは着るつもりはなく、クラシックで露出の少ないものだったので特に気になりませんでした。

けれど結婚してから子供ができると、体質が変わったせいか、また背中ニキビに悩まされるようになりました。ちょうど季節は冬で、乾燥が原因だったと思うのですが、最初は気にならなくて、けれど知らないうちに触ったりしてしまっていました。

それがどんどんどんどん増えていき、気が付いたときにはニキビが広がって大変なことになっていました。私の癖でかさぶたができると取ってしまったりして、それが余計に悪化させて俗にいう「とびひ」のような状態だったのです。

急いで皮膚科へ行って塗り薬を処方してもらいました。それからは常に保湿も心がけて今はすっかり治りましたが、まだうっすらとニキビ痕が残っています。けれどこれから露出のおおい服を着ることもないかなと、あまり気にはしてません。

私はもう背中ニキビができても、あまり気にならなくなりましたが、きっとまだ若い子は気にすると思います。その時は、私が背中ニキビを治した時のように、ぜひ髪の毛が背中に触れないよう徹底してみてくださいね♪

カテゴリー

サイトマップ