背中ニキビ保健室!

あなたの「背中美人」を応援します!

背中ニキビがなければ、完璧に美しいボディの私。垢すり、するんじゃなかった!

顔だけでなく、首やうなじ、デコルテのケアは毎日欠かさない会社員(女性、35歳)です。

顔やデコルテのスキンケアで我ながら綺麗な私。でも背中だけ思い通りにいかない・・

20代前半までは顔だけのスキンケアでしたが、25を過ぎてから首やデコルテも顔と同じくらいのケアが必要だと思い、顔に使う高価な化粧水をほかの場所に使うのはかなり躊躇しましたが、何とか切り詰めながらも使ってきました。

35歳になった今、同年代の女性の中ではなかなかキレイに保てているのではないかと自負しています。顔、首、デコルテとケアしてきましたが、現在はさらにボディのスキンケアもしています。お風呂上がりの濡れたままの体に、良い香りのするオイルを伸ばすのです。水分を含んで肌がしっとり、サラサラになるのを感じます。

しかし、そんな私もただ・・・ただ一か所だけ思い通りにいかない部分があるのです。それは背中。普段目につかないし手も届かきにくい部分なので、コンディションの確認やそのケアがおろそかになりがちです。先日も背中のケアで失敗をしてしまいました。

背中の部分はお風呂でも洗い残しが出てしまったり、思ったところに手が届かなくてスキンケアもできなかったりしますよね。加えて汗腺も多く脂も出やすいので、ニキビなどの肌荒れが起こりやすいらしいです。

垢すりで背中ニキビを潰してしまった!明日、友人の結婚式でドレスを着るのに。泣

趣味でフルートを吹いている私は先日、演奏のお披露目をすることになったのです。舞台は友人の結婚式。ピアノを弾ける新婦とヴァイオリンを弾く新婦の妹、そしてフルートの私の3人で、です。新婦が自ら出るということもあって、私たちのトリオ演奏は、余興の中でも一番の注目を浴びました。

そんな中、演奏だけでなく背中の肌荒れが気になって式に集中できない私。というのも、結婚式の前夜、背中のスキンケアに失敗してしまっていたのです。人前に立つために垢すりグローブで肌をこすりました。その時「チクッ!」という痛みが背中に走りました。鏡で見てみると、背中にぽつぽつと赤い血が。背中ニキビができててそれを潰してしまったようです。

それまで、背中にニキビができている事にすら気が付いていませんでした。前日潰してしまったニキビを翌日まっさらに治すことなんてもちろんできません。式に出かける前に何とか赤いカサブタを隠そうと、コンシーラーをかぶせました。でも、凹凸まで完全に隠せないし、どこから見てもやっぱり目立つ・・・

なんで背中をよく見ずに、垢すりなんてしてしまったのだろう・・後悔の念で一杯になりました。

背中の荒れが気になって、結婚式を全然楽しめなかった私。背中も普段からケアが必要と痛感

結婚式の参列も、楽器の演奏もともに衣装はドレスですが、演奏用のドレスは上半身の露出が多めです。そのため演奏以外の時間はショールを羽織っていました。できれば演奏中もショールで背中を隠したいくらいでした。

集合写真でも、自分の後ろに人に立たれたくなくて、控えめな立ち位置に。せっかっくの友人の結婚式なのに、自分の背中のことが気になって気になって残念な一日となってしまいました。

顔、首、デコルテ、ボディ(手足とかお腹とか)のケアをしても、特に背中のケアは怠ってきた私。普段から背中もしっかりスキンケアが必要だと思い知りました。

カテゴリー

サイトマップ