背中ニキビ保健室!

あなたの「背中美人」を応援します!

背中ニキビに悩んだあの頃!食生活を見直したら、安心して水着を着れるようになりました

ダイビングの練習で塩素の多いプールに入ることが多かった私。背中は一気に荒れ放題!

現在は48歳なので、背中ニキビに悩むことはあまりないのですが、若き日の当時25歳で病院勤務をしていた頃、勤務が不規則で、ニキビや吹き出物に悩まされたことが多かったです。特に春先になると、お肌も荒れだしてニキビや吹き出物が急に多くなりました。

顔のニキビが増えていくと同時に、背中もニキビが増えていきました。当時ダイビングをしていた私は、人前で水着になることが多くて、見えるとこだけは気を遣っていました。

しかし、不規則な勤務の上に、ダイビングの練習で塩素が多いプールに毎回入ることは、結構肌には過酷だったようで、あっという間に肌が荒れて、背中にもニキビが出始めてしまいました。

そんな時、背中ににきびがあるなんて気にしていなかったのに、ある一言が原因で、毎日気になってしまうことに…。

「背中のあちこちが噴火しているよ」

とおじさんの一言が。噴火とは、背中に赤いニキビがいっぱい出ているということ。ショックでショックでその後、背中を鏡で見てみました。赤いニキビなのか吹き出物なのか分からないけど、とにかくブツブツが沢山できていたのです!

背中のブツブツを綺麗にするために、まずは揚げ物を止めました!

その日から、背中のブツブツを改善するため色々な本を読んだところ、どうやら食生活と環境が悪いようです。すぐさま食生活を改善することにしました。

今までは食事内容を気にして食べることがなく、甘いものや脂質の高いものを好んで食べていました。まずから揚げなど揚げ物が大好きだったので、揚げ物からセーブすることに。好きだったポテトフライや甘いものも購入するのを避けて、視界からなくすようにしました。

若い時は新陳代謝が激しく、毛穴が詰まるといった不衛生な状態になると、すぐににきびが出てきます。ですからお風呂の時は、背中を重点的に洗い、清潔にしたうえで化粧水まで塗っていました。寝る時の寝方にも注意しました。

寝ている時に重力の関係で下になっている部分に水分や油分が溜まるといった噂があったので、寝る時もなるべく仰向け状態で寝るのではなく、横を向いたり寝返りできるように、背中の片側に毛布を入れて、寝るようにしました。

パジャマや寝具にも気を付けました。ニキビの状態で細菌が感染すると、益々ニキビ跡がひどくなってしまいますから、下着やパジャマは毎日変えるようにしました。案外パジャマって毎日変えていない方が多いんですよね。

苦労の結果、背中ニキビは綺麗に!揚げ物セーブのお陰で、ダイエットにも成功♡

こうして背中ニキビを意識して生活していると、体重も徐々減ってくるという嬉しい産物も。苦労の結果、脂肪を多く摂っていた生活からもさよならし、背中ニキビもなく綺麗な背中で、水着を着ることができるようになりました。

背中ニキビに悩まされている方は、是非食生活と環境を見直してみると良いかと思いますよ。

カテゴリー

サイトマップ